断捨離とは

断捨離というのは、片付けに際して、要らないものについては断つ事、そして捨てる事、さらに執着心を捨てることという意味があります。やましたひでこさんという方が提唱された方法になり、要らないものを片付けて最小限のもので生活をしていくということが根本となっています。

これは、『断行』や『捨行』、『離行』というヨガの精神が元となっていると言います。『断』で行うことは、購入しないということで、要らないものは家に入れないということです。そして、『捨』では現在ご家庭にある要らないものを見極めて捨てるということ。さらに、物が欲しいという心を改めようというのが、『離』ということになります。

ちなみに、中には『断捨離』ではなく『断捨利』と書かれている場合もありますが、意味は変わりがありません。なぜ2種類あるのかというと、前述のやましたひでこさんが『断捨離』という言葉を商標登録されたことから始まっています。

商標登録をしたということは、『断捨離』を、現金を得ることを目的として使用できなくなったということです。そういったことがあり、その商標権の権利を免れるために、『断捨利』という文字が使われているということなのです。とは言え、個人として断捨離についてネット上に書くだけならば違法などということもありません。

さて、あなたの部屋の中にも様々なものがあるかと思いますが、それらはあなたの意識のなかに無意識のうちに入っていて、脳内に留まっているものです。いつも頭の片隅に『片付けをしなければいけない』という思いがあることで、脳の一部分をその気持ちが占めてしまうということですね。

ところが、『断捨離』を敢行して余計なものを片付けると、脳内の中に留まっていた『片付けをしなければいけない』という意識を消すことができるので、頭の中はさっぱりとさせることもできるというわけです。

また、『断捨離』には執着を捨てるという項目があります。これには心にある執着心をなくすことが大事です。例えば、別れたカレの写真を捨てられずにとってあると言う場合にも、心の中で忘れられずに執着しているということになります。

ただ、執着してしまっている対象をあきらめることで、気持ちが楽になれることがあるでしょう。がんじがらめになっている心を解き放つことで、心の中に余裕が生まれるのです。心の余裕までも生み出すのが『断捨離』という方法だということですね。

そして、『断捨離』をすることで、自身の部屋の状態がどうなっているかを把握しやすくなります。例えば、どこに何がありどの程度の量があるのかということです。前述の執着の心をなくすことで、部屋もさっぱりとするので、現状を把握しやすくなるということです。

『断捨離』は、決断力などにも影響します。これまでは『要るかもしれない』と考えていたものも、『これだけを使う』と言う風に、自身で判断していけるようになるのです。頭の中をすっきりとさせるためにも、『断捨離』はとても効果的な片付けの考え方と言えます。

1.ハウスクリーニング岡山 倉敷 「サンタライフ清掃社」
個人宅から業務用までクリーニング全般を任せて安心ですね

2.出張買取・宅配買取のエコアシスタント
不要なものも再利用という発想があれば宝物に変わります

3.福岡のお掃除のプロ! ハウスクリーニング九州
エアコン洗浄からカビ対策まで、個人ではできないお家の掃除屋

4.新潟越後トラック回収センター
ゴミ捨てにもルールがあります。ここならなんでも相談できます

5.買取ビバップ|古本・ゲーム・CD・DVD
納得のいく買取基準査定で信頼されているお店です

6.捨てれば人生大好転! 開運術 断捨離 (だんしゃり)とは?
断捨離、分っていてもなかなかできない人へのアドバイス・サイト

7.エアコンクリーニング専門 ピカチカ
節電に健康、エアコン掃除には意外な効力があるのをご存じ?

8.大阪のハウスクリーニングおくひら
査定に納得がいった方が利用してくれればいいハウスクリーニング