服の畳み方も重要!きちんと収納できる畳み術はどんなもの?

あなたは、服をどのように収納しているでしょうか。ただごちゃっと箪笥やクローゼットに突っ込んでしまっていませんか?それとも、ハンガーにかけておくという方法を撮ったりしているでしょうか。

服はきちんと畳んであげて収納をするだけでスペースを省くことに繋がりますし、見栄えも凄く良くなります。そして、なによりも服自体が綺麗に畳まれることで余計なシワもできずに済むようになるのではないでしょうか。

しかし、服を畳むといってもコツがあるのです。通常であれば服は平らに畳まれる方が多いかもしれません。ただ、それだと意外にスペースをとってしまうものです。収納できる場にも限度というものがあるでしょう。

その仲に収めるとするなら、できるだけコンパクトに畳んでいくと、より多くの服が仕舞えるようになるのではないでしょうか。もしかしたら、これまでの半分ほどでスペースが済んでしまうかもしれませんよ。

畳み方は、まず手のひらをアイロン替わりにして服をピンと伸ばしてあげます。そして、後ろ身頃の部分を内側に畳んであげましょう。反対側も同じように畳みます。袖は内側になるようにすることがポイントです。

さらに、襟元を持ちながら裾の方に半分に折り曲げましょう。きっちりと半分に折らないようにして、裾部分が少し見えるくらい残して折ることがコツです。そして、襟を中に入れるようにして三つ折りにします。

大分コンパクトにすることができたのではないでしょうか。デニムなどのパンツの場合は、まず左右を合わせるように半分に折りましょう。次に裾とウエスト部分が合うように半分に折り畳みます。ウエスト部分きっちりまで裾が来ないように、少し残すことが大事です。

続いて三つ折りにすると、省スペースで収納することができますよ。服を長方形にすることと、畳んだ服が単体で立つかどうかがミソですよ。エチケットやたしなみとして大事なハンカチについては、出し入れのスムーズさを考えて立てて収納するようにすると良いでしょう。

靴下は、片方が無くなってしまって困ったということもないでしょうか。そんな靴下を畳む方法は、まず裏側が平らになるように1足を重ねて置きます。そして、つま先の方を三つ折りにする(靴下の半分より少ない程度まで折る)のです。

その部分をさらに半分に折り、ゴムの入った部分を折り曲げて先に折ったつま先部分にかぶせるように畳みましょう。こちらの方法は、お父さんの履くようなビジネス用の靴下や通常の靴下なら使えます。

しかし、厚みのある靴下や短いもの、長いものは適さないでしょう(上手に畳むことができないので)。とは言え、ゴムが伸びにくいというメリットもありますので、試してみたい方法となります。

あなたも、洋服の畳み方を工夫してスペースに余裕を持たせてみてはいかがでしょうか。お洋服が探しやすくもなりますし、もしかしたら、心にも余裕ができるかもしれませんよ。綺麗に畳まれていると、きっと気持ちの面でも良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。

やるのは今!何よりも片付けをすぐにすること優先にしよう

お部屋が汚なく荒れてしまうのは、日々の片付けを怠っていることも要因の1つになっています。日本人の方は特に働き者の方が多いですし、残業なんて当たり前、休日出勤だってしているという方も少なくないかもしれません。

お仕事をすることは大事ですし、優先されるべきことではあるでしょう。しかし、1人暮らしの方などはことさら片付けができるのはご自身だけですし、お部屋には寝に帰るだけ、暇がないということなら、片付けもできないでしょう。

けれど、片付けができないままでいれば、せっかくの憩いの場でもあるかもしれない自宅では、寛ぐこともできなくなってしまうかもしれません。他の記事でも書いていますが、片付けを後回しにしていると、いつの間にか部屋は荒れ放題になってしまうかもしれないのです。

それを回避するためには、日常的な片付けを少しずつこまめにしていくことが大事になってきます。面倒だなと思ったとしても、5分だけやればちょっとした散らかりも片付けることができるかもしれないでしょう。

帰宅が遅くなってとてつもない疲労感を感じているかもしれません。すぐにでもソファーやベッドに倒れ込みたい衝動に駆られることもあるでしょう。しかし、一度自分が伏せてしまえば、何もできなくなってしまうのではないでしょうか。

そうなってしまう前に、休息をするよりも何よりも気力を総動員してささっと片付けをすることが大事だと言えます。これを日々帰宅後すぐに習慣付けて行けば、きっと少し片付けるくらい辛いことではなくなってくるかもしれません。

そして、あなたのお部屋も綺麗さが保たれることでしょう。例えば、何か購入して帰ってきたなら、袋から出すなどしてすぐに収納することが大切です。食料品を買って来たなら、台所の調理スペースにまずは置きましょう。

そうすると、目に付きやすいので、片付けを忘れずに済むかもしれません。また、その台所もごちゃごちゃになってしまいがちなスペスかもしれません。台所用品もその日のうちに仕舞うように心がけましょう。

帰宅した時には、家のポストに郵便物が届いているということがあります。もしあなたがマンション住まいなのだとして、エントランスに郵便受けがあるのなら、ご自身の部屋に到着するまでに郵便物の内容を1つずつチェックするようにするという方法もあります。

その際には、周囲に不用心にならないように(防犯上)気を付ける必要もありますが、そしてお部屋に着いたら、不要なダイレクトメールはまとめてしまい、直ぐに捨てるようにします。こうすると、郵便物の片付けもしやすくなるのではないでしょうか。

そして、着ていたコートなども、脱ぎっぱなしには決してしないようにしましょう。直ぐにハンガーにかけて仕舞うことが大事です。さらに、できることなら、財布の中身の整理もできたら良いですね。

レシートなどはその日のうちに財布から出しておくと財布がパンパンになってしまうことも防げるでしょう。このように、お部屋の中でリラックスしてしまう前に毎日少しずつ片付けるようにしていくことを、心掛けましょう。

大事!汚部屋にしないコツは溜めないという心構えを持つこと

あなたは、本当はもう既に必要はないのに要らないというものをそのままにして溜めこんではいないでしょうか。要らないものをいつまでも溜めこんでいたとしても、片付けができるわけはありませんね。

不要なものは手放すというのが片付けのポイントです。要らないものまでも捨てずにいる人こそが、片付けがなかなかできない人だという特徴もあります。なので、要らないものはさっさと捨ててしまうことに限るのです。

そして、あなた自身が要らないものに見切りを付けて、溜めずに捨てられるようになれることが大事になるでしょう。ただ、その時だけものを捨てたとしてもまたすぐに元通りになってしまうこともあり得ます。

そうなった時は、まだあなたが根本的に溜めないで、ものを捨てられるようにはなれていないということにもなるでしょう。それを克服して本当の意味でものを溜めないようになるには、ものに対する愛着の心を持つことと単にものに固執することは違うということを、理解することが大事と言えます。

あなたがものに対して愛着心を持っていると思いこんでいたとしても、もしかしたらただ執着しているだけである可能性もあるのです。執着しているだけなのかも?と思われる種類にも様々な特色があります。

もったいないからという、日本人らしい感覚もあるかもしれません。そしてまだ買って間もないということも執着して溜めてしまう原因になり得ます。さらに、いつか着るかも、いつか使うかもといった漠然とした思いも執着の1種と考えられるでしょう。

また、所持しているということで心が満たされてしまっているというケースもあるのではないでしょうか。中でも、最後にご紹介した所持しているということで心が満たされてしまっているケースは気を付けなければいけません。

今後も使うことがないということや、DVDや本などではもう見ることはないのに、自分の傍に置いておきたいという方もいらっしゃるでしょう。“見ることはない”のに傍に置いておきたいということは、ものに対して特に愛着を感じているわけではないかもしれません。

持っていることだけで良いと思ってしまうものは、なかなか捨てられないという状況になるものです。溜めないようになるためには、例えば本ならば、今後また読むことはあるのかということを基準にしても良いですし、あなたが持っていることに本当に価値を見いだせるのかということが大事になるでしょう。

最近あまり手に取ることもないようなものを目の前にして、今後活用することはあるのか、考え直してみると良いです。持っていても意味がない、もうきっと使わないだろうというものについては、執着せずに捨ててしまいましょう。

ものを溜めないようになれますし、お部屋にあった要らないものもなくなりすっきりとさせることができるのではないでしょうか。ちなみに、ものをすぐに捨てることのできる人は、ものがなくてもあまり困らないというケースがあります。

なので、ものを買うにも急を要さないので買うものもしっかりと吟味することができるということですよ。

ここも注目!残すのは心が動かされるものだけ!?

世界でも有名になった片付け方ではあるのですが、気持ちがわくわくするような、ときめきを感じるものだけ残すという方法があるのをご存じでしょうか。『ときめくとはどういうこと?』と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

今まさに片付けようとしているものを手に取ってみて、そのものを手にしてみてあなたがどのように感じるかが大事になってくるでしょう。このようにして、気持ちとしてときめきを感じないものは一貫して処分することで、違う思いも芽生えてくることもあるでしょう。

心がわくわくしてときめくものを選んで服の片付けをされたある方は、片付け後、心地よいということによって幸せを感じているということです。好きなもの(服)に囲まれることで、楽しい上に気楽にもなれるのだそうです。

『ときめき』を基準にしてものを選んでいくということは、その人の心情にも変化をもたらすということですね。また、この服の片付けをされたその方は雑誌などを参考にして服などを選んでいたということですが、『ときめき』で片付けをしてからは、他の人のスタイルに縛られることなく、自分のしたいスタイルができるようになったのです。

ちなみに、1人暮らしをしていらっしゃるか、ご結婚をされてご実家には住んでいないと言う方も多いことでしょう。注意したいのは、片付けをする際にはご実家に片付けられた荷物をドンと送ってしまうことです。

まとめてダンボール箱などに詰めてご実家に送ってしまえば、確かにあなたの部屋はものが格段に少なくなるかもしれません。しかし、ご実家行きとなった荷物たちはきっとこの先お目にかかることはないかもしれません。

それはもしご実家に遊びにいくことがあるとしても同じでしょう。多くの場合でずっとそのまま放置された状態になってしまうのです。また、ときめくものを探していく片付けは、集中力がものを言います。

1人で行うという点が鉄則となっているのです。ご家族と片付けをするのは楽しいですし、人手があった方がはかどるような気もするかもしれません。それでも、ご家族と一緒に行うということも避けるようにしましょう。

それは、この片付け方法は1つ1つものを手に取りながら、自分でときめきを感じるのかということを探っていく作業になるので、没頭することが求められるからなのです。さらに、音楽を聴きながら片付けるというのもはかどりそうな感じもするのではないでしょうか。集中するという点では、意識をものに向けなければいけないので、音楽を聴いたりテレビを付けたりすることはやめるようにしましょう。

なるべく音のない状態で行うことも、ときめいて心が動かされるもののみを残す片付け法には大切になるのです。このように、1人で音をなるべく出さない状態でものと向き合うことで、自分がわくわくできるものたちだけを残すことができるのです。

あなたもぜひ、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4 5