片付けはここから!まずはモノを一旦出してしまおう

片付けをするとしても、一体何から手を付けていいかということなどで悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時には、まず初めにものをいっぺんに出してしまうことが良いでしょう。

ポイントは、洋服を片付ける時は洋服を、本なら本というように、同じ部類のものを一気に全部出すという点です。ものを出すなら、広いスペースも必要になりますね。床にそのスペースを確保できるなら良いのですが、もし床がもので埋まっている…という状況とかでしたら、ベッドの上にものを広げるスペースを用意しても良いでしょう。

同じ部類のものを一か所に集めると、『こんなに持っていたのか』ということがわかりますし、存在を忘れていたものがもしあったとしても、『こういうものも持っていたのだ』と思い出すこともできるでしょう。

また、本を片付けるにしても、一か所に本をまとめてみると、もう読まないという本も見つかる可能性もあるのです。本は、長い間本棚に立てられて、ずっとそのままにしておくことで、存在感を薄れさせているものです。

昔は面白くて読んでいたかもしれませんが、時を経て取り出してみると、さほど心を動かされないものとなっていることも考えられるでしょう。そうなったら、その本はもう既に『必要ないもの』となってしまっているということになります。

この様にして、本を出して要る本と心が動かない本とに分けてみると、処分する本も何冊も出てくるかもしれません。そうして本棚を整理すると、それまで隙間がないほどに本が詰まっていたものが、余裕が生まれ、本棚もすっきりとさせることができるでしょう。

さらに、処分をする時には、その本に対してこれまでの感謝の気持ちを持つと良いのではないでしょうか。縁あってあなたのお家にやってきたものたちですし、『今までありがとう』という感謝の念は忘れてはいけませんね。

そして、ある場所を片付けたいということもあるでしょう。例えば机の上などにものが色々と散乱していたとします。そう言った場合に、取りあえず机の上のものを床の上に広げるとか、箱の中に入れるなどしていきましょう。

床の上に広げたものたちは、地道に必要かそうでないかを判断して仕分けをします。そして、必要なものは分別が終わってから机に戻すということも1つの方法です。箱に入れたとしたら、箱の中のものを1つずつ必要かどうかの判断をしてから、また必要なものを入れるための別の箱に入れておきます。

そして、全部判断し終わったら、必要なものが入っている箱の中身だけ机に戻せば良いでしょう。机の上から1つずつものを取りあげては使うかどうかに迷っていくよりも、まずは机の上を綺麗にしてしまい、仕訳をする方法だと、効率良く片付けが進められるのではないでしょうか。

あなたも、片付けをするなら『今はこれを片付ける』と片付けるものの種類(例えば服など)を決め、一度一か所にまとめてから仕訳をしてみてはいかがでしょうか。きっと、片付けがはかどることでしょう。

ここがポイント!片付けなら物を分別する方法を知っておこう

片付けをする際に、分別をすることは大事なことですが、この分別が苦手だという方もいらっしゃいます。そこで今回は、ものの分別方法を衣服と書類等に的を絞ってご紹介したいと思います。

まずは衣服です。タンスやクローゼットから全部服を出してみましょう。そして、要るかどうかをひとつずつチェックしていくのです。その際には3つの段ボールを用意して、必要なものと要らないもの、そして考えあぐねてしまうものとに分けます。

決めかねたものに関しては、後でまた考えるようにしましょう。要るものを判断する基準としては、例えばその時のノリや気分で購入してしまうという人ならば、実際に持っているその服を着た時に気分が盛り上がるかどうかという点が重要になるでしょう。

普段着るようなお仕事用の服も処分することはありませんが、気分も上がらない上にお仕事でも着ることはないという服に関しては要らないものという認識で良いです。ダークカラーの服は、色褪せしたりしてきたら処分時かもしれません。

1年くらいが限度という素材のものも中にはあるのです。黄ばみやシミなども発見したら思い切って捨ててしまっても問題ないでしょう。また、デザインなどを気に入って色違いで購入してしまうケースもあります。

そういった時にはご自分に似合う色のものを残すという手段もありますね。あと、服ではないのですが、ファッションアイテムとして雑誌にバッグなどの付録が付いて来ることがありますね。

これらのものも捨てるに捨てられないというアイテムの1つになりますが、本当に使うか今一度考えなおしてみると良いのではないでしょうか。さらに、ショップバッグなどをとっておく人も少なくないのではないでしょうか。

こういったものは、あまり使うということもないでしょう。これらもいらないものの典型となってしまいますので、処分をするのも方法の1つです。手続いては書類の分別についてお伝えいたします。通帳や年賀状、手紙類も書類として分類してみましょう。書類に関しては、基本的に全部処分をするようにしたいものです。

残すものと言えば、現在使っている書類か、しばらくの間は必要である書類、そしてとっておかなくてはいけない書類になります。残す書類についても、まだ処理が終わっていないものと、残しておく書類に分けましょう。

残しておく書類に関しても、あまり使わないかもしれないものと、今後もたまに使う可能性があるものとに分けると良いです。捨てる書類と言えば、過去の医療明細、以前使っていた電化製品の取り扱い説明書などがあります。

燃えるもごみや資源ごみなどに分けて捨てるようにしましょう。残すものとしては、今使っている家電製品の取り扱い説明書、通帳などが挙げられます。さらに、レシピなどもまた料理を作ることもあるかもしれないので、とっておいても良いかもしれません。このように分別をしていくと、大分ものが処分できるのではないでしょうか。

片付けの手順がわからない!まず捨てることから始めよう

片付かない部屋に、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。散乱してしまっているものの中や、ごちゃっとなっている引き出しの中などには、捨てるべき不要なものもあるかもしれません。

片付けというものは、要らないものを捨てたならば、それで片付けの80%は完了したとも言えるほどなのです。必要ではないものを先に捨ててから、残ったものを綺麗に整頓することができれば良いでしょう。

捨てるなら、捨てやすいものから徐々に捨てていくようにしましょう。生ゴミになるようなもの(例えば賞味期限が切れた食品など)は冷蔵庫等で眠っていないでしょうか。それにもう使わないだろうというものも、何となく『使うかもしれない』ということで捨てずにそのままにしていませんか。

例えばコンビニの袋などです。こうしたものは後で使うことになることはあまりないものなので、この機会に捨ててしまいましょう。また、古い雑誌をそのままにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とっておいても読み返すことはないということもあり得ます。もし大事な記事などがあるなら、そこだけ切りぬいてスクラップしておくという手段もあるでしょう。そうすると必要な部分を除いて処分をすることもできるのではないでしょうか。

女性の場合だと、流行に敏感な方も多いかもしれません。どんどんと流行も変わっていくので、ずっと同じ服を着ているわけにはいかないということで、新しい服を購入されることもあるかと思います。

新しい服を購入されるのは良いのですが、古い服はどうしていますか?そのままになって眠ってはいないでしょうか。服は腐るわけでもないので、放っておくといつまでもそのままになってしまいます。

その状態の中に新たな服を加えるとなると、収納スペースもなくなってしまうことも想像が付くかと思います。そういったことを解消するためにも、古い服は1年ほど着ていないのであれば、捨てるか、リサイクルに出したりすることが大事なのです。

さらに、あなたは使わなくなった携帯電話はどうしているでしょうか。新しい機種がどんどんと出ますし、機種を変えることもあるかもしれませんが、古くなった携帯電話は使うことはあまりないかもしれません。

よって、古い携帯電話はお店などに持っていき引きとってもらうと良いのではないでしょうか。捨てるものを選ぶ際には、『これは捨てようか…』と迷ってしまうものも出てきてしまうものです。

そんな時には、段ボールを用意しておいてそれにひとまず入れておくようにすると良いです。ポイントはこの段ボールは1つだけにするということであり、その中に入る分のみ入れておき、後で再度どうするかを考えるようにしましょう。

再度考えるのは、1カ月間の間にすることが鉄則となります。せっかく段ボールにまとめても、それをさらに仕舞いこんでしまっては、それもかさばる『要らないもの』になってしまいかねません。

そういったことがあるので、できるだけあなたの目に入る場所に段ボールを置いておき、日常的に要るかどうかの判断を徐々にしていくと良いです。目に入る場所に置くと、片付けなければいけないと思うようになるので、仕訳をする際のモチベーションを保つことに繋がるでしょう。

それって本当!?仕事ができない人は部屋も汚いの?

片付けられない人というのは、仕事も出来ないと言われることがあります。確かに、仕事ができる人はてきぱきと片付けもしているというイメージもあるかもしれませんが、片付けられない人が仕事も出来ないというのは、一体どういったことからきているのでしょうか。

まず、大事なことがあったとしてもメモを取らないということが挙げられます。人は沢山のことを一度に覚えていられないですし、メモを取っておくことは仕事上でも重要なポイントです。

『私は頭の中で覚えているから』と思っていても、忘れていることも多いのではないでしょうか。しかし、メモに書いておかないと、いずれわけがわからなくなってしまうこともあるのです。

しかし、ちゃんとメモをしておくと見返して思い出すことができますし、いちいち思い出すというタイムロスもなくなるかもしれません。なので、メモをすることを習慣づけることで、頭の中も整理できるようになって片付けができないという人も安心できるでしょう。

メモに書き出すなら、あちらこちらにするのではなく、大事なことを書き留めておく手帳やノートを1冊決めて、それに書き込んで見返していくようにしましょう。また、判断力に欠けると言う点も、片付けができないと仕事ができないと言われる所以になるかもしれません。

人が生活をしていく中では、幾度となく自身で物ごとを決めなければいけない事に遭遇するものです。『これはどうしたらいいんだろう』などと、小さな事から大きな事まで決めることは多岐に渡るのですが、片付けられない人には、この決断をすることができないという特徴を持っていることが少なくないのです。

こうした場合は、自分が何をベースにして決めれば良いのかということがわからないことも多く関わっています。なので、わからないという時にはネットでも人に聞くことでも確認ができるので、きちんと確認をすることで、物ごとを決められるようになるでしょう。

また、何でも後回しにしてしまう人もいますね。面倒臭くて嫌な事から目を背けたいというパターンと、『いつかはやれるから』などとおおらかに捉えてしまっているパターンとがあるようです。

自宅の部屋であれば、1人暮らしの場合は特に散らかしていたとしても誰も文句は言わないでしょう。しかし、仕事となると後回しにされることによって迷惑を被る人もいるかもしれません。

先に延ばしていたとしても、片付けなければいけない日はやってくるのです。片付けを後回しにしてしまう人は、『いつかやれる』と考えていることがさらに『なにかトラブルでもあってからでもいいか』と考えるようになってしまうことがあります。

しかし、何かが起こってからでは遅いのではないでしょうか。事が起こる前に、事が起こるとどういったことが待ち受けているかということも考えて、早めのうちに行動を起こし、片付けに着手することがおすすめといえるのです。

仕事ができない人とは、誰しも思われたくないものでしょう。それでしたら、普段からメモをして忘れない様にすることや、物ごとの決断を自分でできるようにすること、さらに後回し癖を治すことが大事なのです。

1 2 3 4 5