病気かも!?片付けられないのはADHDのせい?

片付けられない方というと、『だらしないから』と思われてしまうこともあるでしょう。しかしそれには様々な要因があるかもしれません。その中には、心の病が潜んでいることも考えられるのです。中でも、ADHDという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ADHDは、注意欠陥多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)という脳における病です。また、この病気から多動の部分を抜いたADDという病名もありますが、同じものだと言うことができます。

ADHDの症状には、1つの物ごとに集中できないというものや、何を最初に行うべきかということが判断できないということ、そしてちょっとしたミスを連発してしまうというようなものがあります。

幼い頃に発症することも多い症状なのですが、大人になってから発症することも多々あるのです。注意力が散漫になること、じっとしていられない、突然何かをしたくなるといったことがADHDのポイントとなるでしょう。

これは、前頭葉が上手く働いていないことが原因であるとも言われていますが、実際のところはまだ明確なADHDの要因はわかっていないのです。ADHDの人は物忘れを良くすることや、自分が集中できる物ごとに差があるということもあります。

また、思ったことをそのまま言ってしまうようなところもあるのです。そういったADHDの特徴の中には、片付けができないという点があります。ADHDの方ならば、ちょっとしたことでも、できたなら自分を褒めてあげることも改善策の一つになりますし、その時に取り組んでいる事柄について、一生懸命さを持つということも重要ポイントです。

さらに、いきなりできないことに手を出そうとするのではなく、できる範囲のことから順を追って行うようにするというようにしましょう。多動性のないADDの方であれば、やるべきことをリストアップして何を最初に行うべきかを決めることも良いですし、やることがあるなら、少しずつコツコツと行うようにして、一気に片付けてしまうという意識を持たないこともポイントになります。

一気にやろうとすると、かえって頭がごちゃごちゃしてしまうことがあるからです。さらに、要らない物は勇気を持って捨ててしまうというのも一案でしょう。物を少なくしていくという事が重要なのです。必要なものとそうでないもの、直ぐには判断を決めかねるものといった3つのカテゴリーに分けてみると良いかもしれません。

直ぐに判断できなかったものについては、日を改めて考えるとよいでしょう。収納できなくなってきた本やCDなどについては、潔く古い物から捨てて行くことも手段の1つですね。何が要らない物なのかということを、きちんと判断することが大事でしょう。

特に女性であれば大人になってからADHDを発症することも多いのですが、もし自分がそうだとしても、そんな自分も受け入れて、あまり自己嫌悪に陥らない様にすることも大切です。

そして、工夫次第で、片付けられるようになっていくことも可能だと言うことも、覚えておきましょう。

片付かない!それならあなたの理想の部屋を思い描いてみて

誰でも、楽しい事や自分の好きなものなどの想像をすると、幸せな気分になるのではないでしょうか。物ごとを実行する際にも、『こうしたいな』などと、理想を頭で思い描くこともあるでしょう。

これは、片付けをする際にも有効なのではないでしょうか。また、片付けをするためには自身への動機づけも必要になるでしょう。そう言った時には、自身が『こうしたい』という理想の部屋を思い描いてみると言うのも良いでしょう。

さらに、あなたが女性であれば、どんな女性になっていきたいかということを考えて片付けをするのも有効なのです。理想とする女性が着そうだという服だけ残して、後の服は残さずに処分するのも良いのではないでしょうか。

そうすることで、残された服についてはあなたも着る頻度がより増えていくでしょう。服を片付ける時には、今着る機会があるかという点が大きなポイントとして考えられることもあるのですが、視点を変えて目指していきたい人物像において着ることのできる服はどれか、という選び方をするのも一案なのです。

未来を見据えて片付けができることもあり、片付けのやる気も湧いてくるかもしれません。自分の理想の部屋をイメージする際には、あなたの部屋の片付き具合やインテリアについて、そしてどういった生活を送りたいかということを中心に考えるようにしましょう。

そして、それが定まったらどうしてその生活がしたいのかという理由について考えることが大事になります。また、片付けられなかった部屋は生活がし辛かったなど、散らかっている部屋が不便なのだということを念頭に置いて、そんな生活から脱却したいと思うなら、自身の部屋のどこが生活し辛いのかという悪い点を紙に書いてみるのも一つの案です。

もう1つ、インテリアの雑誌や部屋の紹介をした雑誌も売られていますので、そういったものを参考にして、イメージを膨らませるのも良いですね。もので溢れてしまっている部屋に住んでいると、他の人を呼びたくないということも多いのではないでしょうか。

しかし、部屋が綺麗になれば誰かに見てもらいたくなるかもしれません。そして、誰かとその綺麗な部屋で時間を共有したいと思うこともあるでしょう。部屋が綺麗になったなら、お友達を呼んでお食事をするのも良いですね。

このように、片付け後のあなたの理想についても考えておくと片付けのモチベーションになることもあるものです。どんな部屋にしたいのかということをはっきりと思い描くことで、もしかしたら汚い部屋が自分から嫌になることもあるでしょう。

片付けに取りかかるには、やはりあなたの気持ちが大事になってきます。『こうしたい』という明確なビジョンを持って片付けるように、強い意志を持って取り組むようにしましょう。

目指すものがあるということは、物ごとを行う力になりますし、理想が叶った時にはより嬉しさもひとしおなのではないでしょうか。あなたの理想の部屋はどういったイメージですか。

何でも買わない!物を買う時などには心に歯止めをかけよう

あなたが部屋を片付けられないという状況ならば、なぜお部屋にものが増えてしまうのかという点について考えてみることも一案です。あなたは何でもものを良く買っていませんか。では、なぜものを買ってしまうのか考えたことがあるでしょうか。

理由としては人によって様々あり、その品物(洋服など)を見た時に惹かれたらすぐに買ってしまうというケースもあれば、ストレスが溜まっている時にそれを発散するために買い物に走るという人もいるでしょう。

さらに、セールに出会った時に安くなっているので何となく買ってしまうという人などがいるのです。こういった人達は直感的にものを購入していることがあり、片付けられないという特徴にも結び付くのです。

もしかしたら、商品そのものが欲しいということよりも、安いものをゲットできたなどのその気持ちが欲しいということもあるかもしれないでしょう。しかし、それは改善していく必要があるのです。

*************************
毎月のスマホ代、忘れずちゃんと支払っていますか?端末料金の滞納でローンが組めなくなることもあるんです。
詳しくはコチラ↓↓↓
携帯料金の滞納がブラックに繋がる!
*************************

街中を歩いていると、つい洋服などに目が行き欲しくなってしいますし、流行りというのもあるので、流行に遅れたくないということで買ってしまうこともあるものですが、そうなると、段々とものは増えていってしまいます。

もし服やその他のアイテムが欲しくなったなら、購入する前に既にあなたが持っている服などとマッチするかどうかを考えてみましょう。3種類ほど着回しができるなら良いですが、そうでなければ購入を控えた方が良いでしょう。

様々に組み合わせができないということは、使う回数も減ってしまうということがあるからです。それに、新たに買ったアイテムに合う他の商品が欲しくなることも考えられます。また、あなたは以前から毎月のように読んでいる雑誌などがあるでしょうか。

本当に毎月読みたくて購入しているのなら良いのですが、ただ何となく今でも買っているという場合には、そこまでの興味は無くなってしまっていることも考えられるでしょう。なので、本当に読みたい雑誌であるのかを今一度考えなおしてみるのも一案でしょう。

もしかしたら、あなたの年齢にもうマッチしていないかもしれないのです。CDなどについても、レンタルで済ませるというのも経済的です。雑誌についても、今は図書館でも閲覧することができるので、利用するのも手段の1つとなるでしょう。さらに、食品を買う時におまけが付いてくるものもありますね。

ついおまけ付きのものを買ってしまいたくなるものですが、おまけはかさばってしまい、増えていく一方になってしまう可能性があるからです。そして、実践したいのは、何か新しくものを購入したなら、既に持っている古いものを1つ処分することです。

そうすると、量は変わらずに増えることもないのです。1つ欲しいと思うものが見つかったら、購入する前に1つ捨てるという方法でも良いでしょう。このように、ものを購入する際にも増やさないようにする工夫をすることが、部屋にものを増やさない方法の1つとなるのです。

ものを購入する際には、少し立ち止まって必要性などを考えてみましょう。

あなたもしてない?片付けないことへの言いわけはNG

あなたの片付いていない部屋を見て、『片付けた方がいいよ』などと忠告をしてくれる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、片付けられない人は、『~だから』などと、言い訳をされる方も少なくないのではないでしょうか。

そんな、片付けられない人の言い訳では、『いつか使うかもしれない』というものも多いでしょう。これは、もしなくなったら困るかもという心理もあるかもしれませんが、なくなってもさして困らないということもあるのです。

捨てることによって何か問題が起きるかもしれないという感情は、抱かないようにすることも大事です。また、『まだ使っていないけれど捨てるのはもったいない』という言葉も言い訳としては良く聞かれます。

必要なものというのは、すぐに使うものですので、いつまでも使わないということはさほど大事ではないとも考えられます。捨てるべきか躊躇してしまっても、いつまで経ってもきっと使われることはないと思われるので、捨てることが適切でしょう。

また、『誰かにあげようかなと考えている』という人もいます。ものを粗末にしないという点では、人にあげることも良い選択肢ではあります。もし人にあげるなら忘れてしまう前にあげるようにしましょう。

とは言え、あげると言われたものを喜んで受け取ってもらえるかはわかりません。そういった点には配慮する必要もあります。さらに、『これは高価なものだから捨てるのは嫌だ』という言い訳も聞かれます。

高価なものであったとしても、既に自分にとって興味が薄れているとか、必要がないというものであれば、処分するのがおすすめです。高いものだからと言ってそれを言い訳にして処分しないというのは良くありません。

捨てるのはちょっと…と言う時には、売るという手段もあるので、活用すると良いでしょう。そして、『これは思い出の品だし』と言って、観に行った映画のパンフレットなどをいつまでも記念として取っておく人もいます。

しかし、活用されることはあまりなく、取っておいても価値を成さないことも少なくないのです。取っておきたいのなら、パソコンに取り込むことや、写真に撮っておくということも手段の1つと言えます。

もう1点片付けられない人の言い訳の、良くあるパターンがあります。それは、必要でなくなったものの、さらなるその後の用途を考えてしまうことです。要するに、『もう要らないけれど、こんな風に使えるかも』と考えてしまうことなのです。

そうではなく、他の何かを使って、その要らなくなったものの使い道を、代わりにすることができないかということを考えるようにしましょう。片付けられない人の中には、このままで良いとか、他人に迷惑はかかっていないからと言う人もいるかもしれません。

誰しもその片付いていない部屋にいながら『片付けなくては』と思っているものです。言い訳をせずに綺麗な部屋を目指したいものです。そのためには、綺麗に片付けがされた部屋などが掲載された本などを読むことも良いでしょう。

『やはり綺麗な部屋は居心地が良さそう』と考え直すことも大事なのです。これで、片付けへのやる気も出て来る可能性もあるのです。あなたも片付ることができない事への言い訳はやめて、綺麗な部屋への一歩を踏み出しませんか。

1 2 3 4 5