これは要る?大事なものと要らないものはきちんと区別しよう

片付けを慣行するには、自分にとって要るものとそうでないものを選り分けなければいけません。しかし、何が必要なものであり何が不必要なのかということは、わからなくなってしまうこともあるでしょう。

要るものと要らないものを選別する際には、今の段階で私(もしくは家族が)使っているかということをポイントにして考えると良いです。これはまだ使うことができるとか、いつか使えるかもしれないということではないこと。

そして、誰かが使うかもしれないという考え方ではなく、その時に自分か誰かが使っているかということを重点に置いて選別をするようにしましょう。この様にして現在使われているものとして選別されたものは、捨てずに残しておくようにします。

好きなものという基準で選ぶという方法もありますが、“使っている”という基準で選んだ方が、特にあなたにそのものに対して思い入れがあるわけでなくても、処分したら他のものを購入しなければいけないということにもならないのでおすすめです。

さて、使われていないものには2つのパターンがあります。1つめは使われておらずになくなっても平気であるものです。ゴミとして捨てるという方法ももちろんありますし、リサイクルショップに売るというのも手段の1つになるでしょう。

押入れなどに仕舞いこんでおくのではなく、すぐに片付けたくなるような、外出時に目に付くような場所に置いておくと、忘れずに手放すことができるかもしれません。その際には、ものをどのように処分するのか、その方法別に仕分けるようにしましょう。

また、中には普段使っているわけではないけれどまだ捨てたくないというものもあるかもしれません。こうしたものは、いつもものを出し入れしているような収納には仕舞わないことが鉄則です。

普段ものを出し入れしていない収納に入れるのがベストになりますが、ポイントとしてたまに振り返って見直すことをしましょう。これはやはり使わないかも、という風にものに見切りを付けられるのです。

本当に大事なものであれば、そういった場合にも取っておきたいと思うものですので、残しておくようにしましょう。片付けたいと思った場所にある“もう使えない”というような、壊れた小さなものや、古い雑誌などは潔く捨てるようにしましょう。

また、ものを別の場所に移すということも、その場所からものをなくすという点では有意義な方法です。実際にあるべき場所ではないところに放置されていたり紛れているものもあるものです。こうしたものも元の場所に戻してあげるとすっきりするでしょう。

普段お忙しくてなかなか片付けに手が回らないと言う方や、あまり物を少なくしていくことが得意ではない場合には、使用頻度の高い棚辺りなど普段いつも長い時間いるようなお部屋を少しずつ片付けてあげると良いでしょう。

時間として少しだけ片付けるだけでも、『片付けをした』と気分も充実したものになるかもしれません。これを続けていくと綺麗なお部屋を目指すことも可能になるでしょう。冷蔵庫にある賞味期限切れの食品だとか、もう着ない洋服なども“要らない”ものに分類されますので、処分するようにしましょう。

もったいない!その概念は時に捨てることも大事

もったいないと言う概念は、日本人にとって美徳とも言えるものでしょう。このもったいないという精神は、海外へも『MOTTAINAI』という言葉で広まりを見せています。素晴らしい言葉ですし、大切にしていかなければいけないものです。

しかし、その精神を強く持ち過ぎるのか、片付けられない人というのは『もったいない』と言い、物を捨てられない人が多くいるのです。捨てられないというのは、片付けられない人の特徴でもあります。

そのメカニズムというのは、捨てることができないので、物が溜まっていきます。そして、溜まると収納スペースも当然ながらなくなっていきます。さらに、収納しきれなくなることで、物が溢れかえってしまうのです。その後、その物が溢れた状況を目の当たりにして、片付ける気力が削がれてしまうということです。

ただ、捨てられないという理由も、もったいないということだけが起因しているわけではありません。思い出としてとっておきたいので捨てられないということもありますし、買ったばかりだから捨てるわけにはいかないということもあるでしょう。

また、いつかまた使うかもしれないということや、人からの貰い物だから、高価なものだからということも、捨てられない理由として挙げられます。とは言っても、何でも捨てなくてはいけないというわけではないのです。

捨てる物を選別するというよりも、残しておくものを選別するという考え方をお持ちになるといかがでしょうか。誰しも捨てたくても捨てられない物というのがあるでしょう。そうした品物を1度手にしてみて、これからもとっておきたいと思えるものならば、残すことに決めれば良いでしょう。

しかし、1回しか袖を通していない服などは残しておく必要がありませんし、他の人にあげたら着るだろうかと考えてしまうような服も、捨てるべき対象となるのです。誰かにあげようという考えは、『もったいなくて捨てられない』ということの根本的な部分では何も変わっていないことにもなるからです。

人にあげようという考えは止めることが大事です。また、来季は着るだろうか?と思ってしまう服は残しておく必要はないでしょう。あまり必要性を感じていないこともあるからです。さらに、家の中で着ようかと思う様な服についても捨てても問題ありません。

本などもかさ張るものですが、読んでいる途中でやめてしまい、そのままになっている本や、読んだのは1度だけであり、読み返すことをしていない本は捨てても良いでしょう。反対に、これまで幾度にもわたって読み返している本は、自分が本当に好きで愛読している本だということになるので、残しておくようにしましょう。

物を使うべき時にはきちんと活用し、捨てるとなれば捨てるようにするという、けじめをつけることが大事なのです。『もったいない』の精神は良いものですが、ずっと捨てずにとっておくこと自体が物にとって良いことではないのです。

捨てるべき時にはきちんと物とお別れをしなければいけません。

後で後ではNG!後回しにすることが片付かない原因になる?

あなたは片付けを、『また後でやればいいや』などと先送りにしていませんか。そういう後回しにしてしまう性格が、片付かない汚い部屋を作ってしまうのです。しかし、この後回しにしてしまうと言う癖は、身についてしまっているので、なかなか治りにくいものがあります。

いつかやらなくてはいけないのだけれど、それでも何だか面倒になってしまい、片付けることを避けてしまうことで、さらに部屋は汚くなっていってしまいます。片付けが得意ではないという意識を持っていると、片付けること自体が心の負担になってしまいます。

しかし、片付けが得意ではないと思わないようになれば、後回しにしてしまう性格を正すこともできるのではないでしょうか。まず、脳には前頭葉というものがあります。これは、何を一番に考えて行うべきだろうかということを、あなたに司令として導いてくれるものです。

物ごとを先送りにしてしまう人は、この前頭葉が上手く働いていないということも言えます。ただ、こうした前頭葉の働きが良くない人は少なくないのです。このような人達は、面倒な事は後にやることにして、今は避けたいと考えてしまうことが良くあるというのです。

前頭葉が上手く働かない人というのは、人に言われてからでないと動かないということや、やれるはずなのに行動しないという特徴もあります。まさに、片付けを後回しにしてしまう人の特徴に合致するでしょう。

片付けが面倒と感じてしまうのは誰でも有り得ることです。しかし、その面倒なことを日頃から少しでも黙々と続けていくことで、前頭葉もきちんと働くようになる上に、自分をしゃんとさせることもできるようになるのです。

このように、面倒だなという事を少しずつやっていくこと、段々と後回しにしないようになっていくこともできるでしょう。そして、自分がやるべき事に、優先的に着手できるようになるのです。

さらに、ちょっとした小さな行動をきっかけとして、他の事にも気が回るようになることも考えられます。例えば、少し散らかっていた服を片付けたけど、他にも散らかりが目に入ったので、ついでに片付けたということでも良いのではないでしょうか。

そうしていくと、他にも片付けの面でやりたい事が出てきたりして、いわば『やる気スイッチ』が入ることもあるのです。最初のうちに大々的な片付けをしようと考えると、気分が萎えてしまうこともあるので、ちょっとした事から片付けを始めるのが理想的と言えるでしょう。そうすると、やる事は少しだけなのであまり面倒には感じずに済むのです。

それからは、慣れたらその少し片付けるという習慣を自分のライフワークにしてしまえば良いのです。このように、毎日するべき事だと認識して慣れてしまえば、億劫にはならずに片付けもできるようになるでしょう。

片付けを後回しにしてしまうという性格は、変えることができるのです。小さな事から少しずつ片付けることを続けることで、あなたの前頭葉も活発に働くようになるかもしれません。

これはダメ!片付けられない人はただ仕舞ってる!?

現代社会では、皆忙しい毎日を過ごしていらっしゃる方が多いかと思います。女性であっても今の世では仕事を持ち働いている方も多くいらっしゃいますね。そうなると、1日の大半はお仕事の時間として費やされることになりますし、お休みの日といっても何かとやる事は沢山あるので、なかなか片付けにまで気が回らないということがあるかもしれません。しかし、片付けをしないと段々と部屋は汚くなってしまいます。そうなると生活にも色々と支障が出てしまいかねないのです。

物を収納するとなると、箪笥だとか棚などがあるでしょう。しかし、片付けられない人というのはそういった収納にただ突っ込んでしまうという特徴があるのです。忙しさからつい適当に仕舞いこんでしまうということはいけません。

ただ闇雲に仕舞ったのでは、収納の引き出しなどを開けた時にも、中が乱雑になって見栄えも良くない状態になることが予想されるため、どこに物を仕舞ったのかわからなくなってしまいます。よって、物無くしに繋がってしまうということなのです。

これでは『どこに仕舞ったっけ』と物を探すという手間も増えてしまいますね。どこに行ったかわからなくなってしまっているそのアイテムは、きっと他の物に埋もれてしまい、悲しんでいるはずです。それは、物を大事にできていないということではないでしょうか。

それに、使いたいものを探すとなると、収納の中のものを引っ張り出すこともなりますので、部屋が物で溢れかえってしまうことにも繋がりますし、収納の中を引っかき回してしまい、ますますごちゃごちゃにしてしまうこともあるのです。

また、仕舞う場所がなくなってしまうと、収納する家具などを新たに購入される方もいらっしゃいますが、これもやめた方が良いでしょう。新たに家具を増やしたとしても、また同じ様にただ突っ込むだけでは同じことの繰り返しになり、いつしか家具を置く場もなくなってしまうかもしれません。

よって、さらに家具を買ってくるというよりも、既存の家具の中をきちんと整理して、物の有りかをわかりやすくすれば片付くのではないでしょうか。整理することで、物を収納するスペースも縮小することができるでしょう。

さらに、片付けられない人が仕舞いこんでしまう場合には、もう捨ててもいいような、要らないものまで仕舞ってしまうということがあります。収納に突っ込んでしまうことで、綺麗になったようにも思えるのですが、それでも必要ないものまで、要るものと一緒に仕舞ってしまうこともあるので、結局物はどんどんと増えていってしまうでしょう。

片付けというのは、普段から少しづつでも頻繁に行っていくことが大事です。一気に行おうとするのはおすすめできません。お休みの日にまとめて片付けようとか、来週にやろうという心構えでいると、片付ける対象の物が多いことにうんざりしてしまうこともあるのです。

あなたも、もし片付けられないなら物を闇雲に収納に突っ込んでしまってはいませんか?その収納には、必要ないものが大切なものと一緒になって仕舞いこまれているかもしれません。

1 3 4 5